外資系企業に転職する方法

当サイトでは、外資系企業への転職をお考えの方へ、転職ポイントや外資系企業に関する情報をご紹介しています。

外資系 企業選びのポイント

企業によって業種や業態、社風、勤務条件・待遇は様々

今では日本にも数多くの外資系企業があります。外資系という括りになる訳ですが、その企業によって業種や業態、社風、勤務条件・待遇は様々です。

外資系企業に転職できればどこでもいいという考えではなく、自分のしたい事ができる企業、自分が求めるものがある企業を見つけてから転職活動を開始しましょう。

ここでは外資系企業を選ぶ際にポイントになる事をご紹介しています。

外資系企業を探す際にチェックしてもらいたい事

【条件・待遇】
企業選びを行う際にまずチェックする事が給料や福利厚生など、条件や待遇ですよね。
比較的、高収入を得る事ができると言われている外資系企業ですが、企業によってその給料体制は様々です。
外資系企業の特徴としては給料形態は年俸制になる事が多く、福利厚生は日本企業と選べて少ないですね。
トータル的に考えて自分が求める年収を得る事ができるの企業なのかを見極めましょう。

【出世】
日本にある外資系企業の場合、出世に限りがあるんですね。一般的には管理職の人間は本社の社員が配属される事が多く、日本支社ではキャリアを築いていくのに限界が出てしまいます。
そのため入社後の自分のキャリアプランを計画しておくことが必要です。もし外資系企業でキャリアアップを図りたいというのであればしっかりキャリアを築いていく事ができる企業を見つけましょう。

【上下関係】
外資系企業は日本企業と違って、比較的上下関係は緩く、上司や部下、先輩や後輩というガチガチな縦社会ではなくフラットな関係です。
ただ、すべての外資系企業がそういう訳ではないので企業研究を行って上下関係を確認する事を忘れてはいけません。

【勤務時間・残業】
外資系企業では年棒制になるため、残業代が出ることはほとんどありません。また、外資系企業では定時の時間内に仕事をこなす事が求められてきますので勤務時間は定時、残業なしというケースが多いですね。
また、フレックスタイム制を設けている企業もあるので勤務時間や残業に関しても企業選びをしている時には必ず確認しましょう。

【英語力】
外資系企業へ転職をする際、英語スキルは必須になります。しかし、英語が必ず話せないといけないのかというとそういう訳でもありません。企業によっては社員の大半が日本人の場合もありますし、取引先の多くが日本企業の場合もあります。 こういった企業ではそこまで英語スキルは求められる事はないですね。
ただ、その逆で社員の大半が外国人、取引先の多くが海外の企業となると英語スキルは求められるので事前に確認する事を忘れてはいけませんよ。

【関連サイト】
20代 フリーター就職支援